だんだん暖かくなって梨の花芽が大きくなり始めたのも束の間

 

 

上の写真から約一週間で花が咲き始めました。

最初に咲くのは新高(にいたか)です。

DSC_0520

これが半年後には大きな梨の実になるのだからすごいと思います。

で、この時期することは梨の受粉作業です。

DSC_0522

花の中の雄しべの葯が開いたら始まりの合図です。

梨の花一つ一つに受粉作業をしていきます。

詳しくは後日お話しします。

 

わが園では開葯したときを

花が咲いた

といいます。

ここから春の作業一気に忙しくなっていきます。

 

ブログの更新もやらんと。